ちっちの毎日と、らくがきと

私ちっちと家族の毎日を、イラストでお届けっ

おなかの赤ちゃんを守るためにできること【道編】

 

 

f:id:rakugaki-hitsuji:20190520140322j:plain

 

f:id:rakugaki-hitsuji:20190520140340j:plain

 

f:id:rakugaki-hitsuji:20190520140401j:plain

 

f:id:rakugaki-hitsuji:20190520140420j:plain

 

f:id:rakugaki-hitsuji:20190520140445j:plain

 

車に、すれ違う人にと、手が足りなかったんですね。笑

しっかりワルツを踊ってました!!

でもね、本当にありがたいです。

 

 

妊婦になって、普段歩いてた道が思っていたよりも危険なことに気づきました。

歩道だって狭かったり、歩道じたい無かったり。

すれ違うひとも、自転車に乗っていたり急いでいたり。

私も、今までゆっくりしか歩けない人に怖い思いをさせながら歩いていたんだろうな、と反省、、、。

 

今日は、妊婦さんが道で怖い思いをなるべくしないですむように、、そんな思いを込めて私が実践している危機回避法をご紹介☆

 

 

 

まず怖いのが車。

歩道を歩いていたって怖い、、

なので私は、いつものスーパーへの道、駅への道、病院への道、、いつも使っていた道を再確認!!

見直してみると一番近くてスタンダードな道だからという理由で、普段からかなり危ない道を選んでいたんですよね。

 

それからは、少し遠回りでもあまり車の通らない道を意識して選ぶようにしました。

よく見てみると、ベビーカーを押しているママさんをよく見かけました。やっぱり皆さん安全な道をしっているんですね!!

 

車は歩行者の私たちじゃどうにもならないスピードと力で走っていますからね!なるべく近くにいかないようにしています。

 

両手を開ける

 

これはかなり便利です。もうやっている方、きっとたくさんいますよね。

二人目以降のお子さんを妊娠されている方は、ベビーカーを押したりお子さんと手を繋いだりで難しいかもしれないのですが、、汗 参考にならなくてすみません。

 

両手が開いていると、身体をかばったり、何かにつかまったり、とっさの行動がとりやすいように思います。

なので買い物に行くときも、大きめのリュックを空で持っていき、エコバックがわりにして全部背負って帰ります。

背負うので、手に持つより断然楽ですしね!!

 

後ろ

 

前は注意できても、後ろはなかなか難しいですよね。

自転車が来ることもありますし、急いで走っている方もいます。

 

後ろを気を付けるために、私は常に邪魔にならないはじっこを歩いています。

最近ではゆっくりしか歩けないので、余計邪魔しないようにこじんまり歩いています。笑

 

そして気休めかもしれませんが、一応カバーできない後ろ側にマタニティマークをつけるようにしています。

上に書いたように、普段からリュックで生活していると、マタニティマークつけるのは後ろ側になるので、そういう意味でもリュックを愛用しています。

 

マタニティマークを付けていると、わざわざ付けなくてもと嫌な思いをされる方がいるとネットで見たこともありますが、、

でも命を守っているので、妊婦さんが安心できるなら気後れすることなく付けたらいいと思います。

 

 

最後に

 

いつも妹のようなボディーガードさんがいてくれたら安心なのですが、、笑

そういうわけにもいかないですよね。

赤ちゃんはしっかり私が守らなきゃいけないですし、何かあってからじゃ遅い。

 

 

最近交通事故の悲しいニュースをたくさん見るので、自分の再確認のためにも今日この記事を書きました。

どこに危険があるかわからないので、気を付けて外出したいと思います。

 

 

ランキングに参加しています。

よければポチっとお願いします!

↓↓↓

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村